★SATSUKI★DIARY

2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年01月
TOPスポンサー広告 ≫ PAIN DE SUCRETOPパリ旅行 ≫ PAIN DE SUCRE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

PAIN DE SUCRE

今回の旅行は毎日スケジュールが盛りだくさんで、大好きなお菓子のお店には
ほとんどいくことができませんでした。

唯一いくことができたマレ地区にあるパティスリー「パン ド シュークル」を紹介します
パンドシュークルはピエールガニエール出身の2人のパティシエさんがされているお店です。

DSC00459.jpg

           DSC00457.jpg

お店の外から撮ったショーウィンドーのお菓子たち
グラスに盛られたギモーブが可愛いです。

こじんまりとした店内ではケーキや焼き菓子、パンなどが売られていました。
私たちがいった時間は閉店間際の夜でしたが、それでもお店のなかは
お客さんが行列をなしていました。
悩んでる暇がない雰囲気だったので、目に付いた焼き菓子を適当に購入しました。


ホテルに帰ってマカロンをいただきました

DSC00460.jpg

抹茶のマカロンです。
中にはホワイトチョコレートが挟まれていて、そのチョコレートがパチパチと音をたてていました。
プレカトランといい、パリでは今パチパチくんが流行なのでしょうか?(笑)
軽い口当たりのマカロンでしたが、抹茶の風味が濃く印象に残る美味しさでした


あとこちらは日本に持ち帰って食べたサブレです。
もともとパッケージがしっかりしていないうえになんの包装もなかったので、
ホテルに帰ったときから割れていましたが、日本に持ち帰ったお菓子は
本当にボロボロになっていました

DSC00782.jpg

          DSC00783.jpg

手前のサブレはとてもスパイスとお塩が効いた刺激的なものでした。
さくっというよりちょっとねちっとした食感でした。
奥側のサブレはバターの風味がしっかりしていて、ふわっとジンジャーの風味がしました。

どちらのサブレも日本にはない感じの個性的なお味でした。
スパイスの効かせ方がすごいなぁと思いました

そういえば、多くのお客さんがパンを買っているようでした。
生ケーキも美味しそうだったので、買っておけばよかったです。


とっても素敵なパティスリーを教えてくださったYさん、どうもありがとうございました
スポンサーサイト

Comment

PAIN DE SUCRE
編集
なんだか素朴な感じのお菓子ですね?
だけど、パリで人気のお店でしたら、とっても美味しいのでしょう。
甘党の私としては、是非とも食べてみたい逸品ですe-239
2010年12月12日(Sun) 08:19
編集
>プーさん
確かに素朴な見た目ですが、お味のほうはとても洗練されたパリのお菓子でした。
甘党でしたら是非食べていただきたいです♪

2010年12月15日(Wed) 22:42












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。