★SATSUKI★DIARY

2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 京都寺巡り①②TOP観光 ≫ 京都寺巡り①②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

京都寺巡り①②

翌日はたくさんのお寺を案内していただきました


①今宮神社

まずは洛北にある今宮神社を参拝しました。

境内には「阿呆賢(あほけん)さん」と呼ばれる石があります。
手のひらで軽く三度叩いて持ち上げると重くなり、次に願いを込めて三度撫でて持ち上げ、軽くなると願いがかなうという言い伝わりがあるそうです。

DSC00138.jpg

私も願いをこめて石を持ち上げました。
心なしか軽くなったように思いました

ちなみにこちらの神社は桂昌院(お玉)にちなんで、玉の輿祈願でも有名です。


今宮神社東門をでると両手にあぶり餅のお店が・・・。
私たちは東門から見て左手にある千年の歴史を持つ一文字屋和助(一和)さんでお餅をいただきました。

DSC00140.jpg DSC00142.jpg

こんな風に炭であぶったお餅に白味噌をかけていただきます。

江戸時代の町並みをを思わせる趣ある通りでした。
時代劇のロケ現場にもよくつかわれているそうです。




②源光庵

禅寺の源光庵にいきました。

本堂内には血天井という血のあとの足型が鮮明に残っています。
鳥居元忠一党が石田光成軍と交戦し討死したことで、残る何百人もが自刃して相果てたときの恨跡だそうです。
歴史の重みをひしひしと感じました。

本堂裏の庭園は枯山水になっていて、この2つの窓から美しい景色をながめました。

DSC00148.jpg DSC00149.jpg
【悟りの窓】              【迷いの窓】

悟りの窓は円形に「禅と円通」の心を表し、迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴しているそうです。

この窓から眺める紅葉が有名だそうです
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。