★SATSUKI★DIARY

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ フランス料理 おか野TOPレストラン ≫ フランス料理 おか野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス料理 おか野

北九州二日目の夜は、旦那さまの後輩の方と一緒に食事をしました

平和通周辺にあるおか野さんは、お魚料理を中心としたフレンチレストランとして有名みたいです。
ご夫妻だけでされているこじんまりとしたレストランでした。


メニュを紹介します


DSC05576.jpg

冷製カッペリーニ
バルサミコの効いたパスタにうにとトマトがマッチしていました。


DSC05577.jpg

スイートコーンのポタージュ
冷製スープです。
コーンが濃厚でとても甘かったです


DSC05580.jpg

いろいろな魚のカルパッチョ
魚も美味かったのですが、付け合せの野菜のミルフィーユが印象的でした。


DSC05582.jpg

アワビの蒸し
とっても肉厚なアワビでした。
ボリュームはありましたが、蒸しているのでとても優しいお味でした。


DSC05583.jpg

アイスクリームとムース
デザートは3人とも違うものがでてきました。


楽しい会話をしながら、新鮮な魚介と野菜の料理をたっぷり食べて満腹になりました
こちらのレストランは基本的に肉料理はないそうですが、十分食べ応えがあります。

お値段も手頃で、オシャレなカジュアル感のあるレストランなので、女性同士でいくのもいいかもしれません

スポンサーサイト

Comment

編集
今日の内容と関係ない話でスミマセン。少し前、身内の呼び名のことを取り上げられていましたよね。
これには、私自身、とまどうことが多いです。私は基本的に、文章にする時は「夫」と書くのですが、話し言葉としては使いづらいです。
知人の中には、絶対「主人」という言葉を使わない人が何人かいて、「夫」ならまだしも「つれあい」と言う人までいます。すごくこだわりをもたれているのだな、と気づきますが、まだお若いのに、すごく年輩の方のような感じがしてしまいまい、ちょっと?ですね。
私は、会話の中では夫のことを「彼」と呼ぶことが一番多いのですが、それは、私が留学していた関係で英語で「he」という習慣があるのと、夫の親族も、国際結婚とか帰国子女とかが多くて、「he」が使いやすいんですよね。
でも、身内の間では「彼」と言いますが、やはり、そうではない人には「うちの主人が、、、」と言っています。
他に友人で、他人の旦那様のことを「夫さん」と言う方がいますが、それも言いにくくて、彼女に対しても「お宅のご主人様」と言っていますが、彼女は不本意なのだと思います。
日本語ってむずかしいですよね。長々と勝手なおしゃべりをしてスミマセンでした。
2008年08月25日(Mon) 16:59
編集
ほんと色々な地域で素敵なお店を知ってるのね☆

良いな~!!行ってみたいところばっかりだよ!
2008年08月25日(Mon) 21:41
編集
>ジゼルさん
こんにちは。
改めて、日本語は難しいですよね。
配偶者の呼び方に関しても、いまだどう呼ぶのが適切なのかはわかりません。

ジゼルさんのように「彼」と呼ぶのはスマートで素敵だと思いました。国際的なご家庭なんですね。
私は身内や友人には名前で呼びます。
「夫」という呼び方は、いっさい脚色がないので最も適しているのかもしれませんが、話し言葉としては私もいいにくいです。
「つれあい」「伴侶」などは男女平等な呼び方でいいと思いますが、長年連れそっているイメージがしてしまうかもしれません。
きっとこだわりがあるのでしょうね。

そう思うと様々な呼び方がありますが、本人が無理なく使える呼び方が一番いいのかもしれませんね。



>リリー
北九州のお店は、塚本以外は調べていったのよ★
北九州には美味しいそうなお店がたくさんあってびっくりしたわ。
2008年08月26日(Tue) 10:14
美味しそうですね
編集
はじめまして。
私はフランス料理が好きで、色々なサイトを見ていて、こちらにお邪魔しました。
今度、北九州に行く用事が丁度ありますので、主人に連れて行ってもらいたいと思います。
楽しみになってきました。

→ ジゼルさん
”彼”と呼ぶ気持ちが私には判りません。
”彼”だと夫の事を見下した感じがありますし、親身な感じがしない感じがしませんか?
国際派では無い私には判りませんが。

私の感覚では、夫の呼び方は、相手をどのように捕らえ、考えているかによって変わって来る気がします。
私は夫の事を尊敬し、大切に思っていますので”主人””夫””名前(さん付け)”の三つで呼んでいます。
TPOに併せて使っている感じですかね。

→SATSUKIさん
気持ちのままに表現したら良いと思いますよ。
2008年08月26日(Tue) 14:01
編集
SATSUKIさん、ごめんなさい。
どうやら、この話題の時は、ちょっとピリピリしたムードになってしまうのかしら?
前回の記事でそんな風に感じてはいましたが、、、。
あまり、めんどうくさいことが得意ではないので、以後コメントは差し控えさせて頂きますね。

ラ・シルフィードさんが、「彼」のことを、見下した言い方とおっしゃられていましたが、「彼」という日本語には、そのような侮蔑的な意味は含まれていません。広辞苑など参考になさってみて下さい。
たしかに、他人の前で、「彼」というと、夫に対してではなく、その場に居合わせる第三者に対して、日本語としてはなじまない表現であるがため、「英語かぶれしているみたいで感じが悪い(日本語では「彼」と言う言葉を三人称に使う習慣が浸透しておらず、もっぱら、ボーイフレンドをさすことが多い)」ので、極力使わないように気をつけているつもりです。

ながながとすみません。以前サツキさんが書かれていたように、私も日本語が未熟で失礼な言葉使いをすることも多々ありますが、「彼」という単語は、失礼な言葉ではないと思いますが。

この件に関して、どなたかがコメントをされることがあるかもしれませんが、以後、サツキさんのブログにコメントさせて頂くことはないと思いますので、書き逃げになったら、どうかお許し下さいませ。

おまけに、ボーイフレンドという言葉を使ったのももよくなかったかしら?日本語と英語ではまったく意味が異なってますし、、、。
何はともあれ、これにて、撤退しますね。
2008年08月26日(Tue) 15:43
編集
>ラ・シルフィードさん
はじめまして★
ご訪問、そしてコメントありがとうございます。

「おか野」は魚介が美味しい北九州ならではの料理が楽しめると思いますので、是非ご主人さまに連れて行ってもらってください。

ラ・シルフィードさんはご主人をとても大切に思われているのですね。夫婦間で最も重要なことですよね。
私も名前で呼ぶときはさん付けで呼びます。であった頃からそう呼んでいるからですが・・・。

様々な意見がありますが、ラ・シルフィードさんのおっしゃるとおり、気持ちのままに表現できたらいいなと思います。



>ジゼルさん
こんにちは。
呼び方については、人それぞれいろんな意見があると思いますが、最初にいったように、本人が自然体で使える呼び方がいいのではないかと思います。
もちろん、「彼」が失礼な表現とは思いません。

また、お時間があるときには遊びにきてくれたらうれしいです。
2008年08月27日(Wed) 17:09












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。