★SATSUKI★DIARY

2010年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年11月
ARCHIVE ≫ 2010年11月
      

≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Le Pre Catelan

結婚記念日の夜に、お菓子の先生がおすすめしてくださった3つ星レストランで食事をしました。
ブローニュの森にあるフレンチレストラン「ル・プレカトラン」です。
お城のような外観のとてもきれいなレストランでした

メニュは、お店の方のおすすめで、前菜(3品)+メイン(3品)+デザートのコースにしました。


DSC00380.jpg DSC00379.jpg
深い緑色と白色で統一された店内がお上品な雰囲気でした
バターもお店の名前が刻まれていてオシャレです。
手前がスイートバター、奥がソルティーバターといわれました。

DSC00383.jpg DSC00381.jpg
わかりづらいですが、パン皿が星の模様になっていて可愛かったです☆
アミューズはグリーンピースのスープでした。
濃厚なグリーンピースのソースに玉ねぎの甘い泡、美味でした


前菜です

DSC00387.jpg DSC00389.jpg

DSC00390.jpg
私はキャビアとクラブの前菜を頼みました。
上の2皿はキャビアの下に蟹身が詰められていました。
キャビアも蟹身もぎっしりです。
スープは蟹のスープに、キャビアのクリームを溶かしていただきました。
とっても贅沢な前菜でした

DSC00385.jpg DSC00386.jpg

DSC00384.jpg
旦那さまが頼んだトマトの前菜です。
左上はバニラビーンズ、右上はバジルソース(?)がたっぷり乗っています。
トマトのジュレ、デザートみたいで可愛いです


メインです

DSC00397.jpg DSC00399.jpg
メインはうずらを頼みました
いろんなうずらの部位を楽しみました。
それはもう感動の美味しさでした
フォアグラにうずらが乗ったものが印象的でした。

DSC00395.jpg DSC00396.jpg
旦那さまは子羊を頼みました。
焼き加減が絶妙なきれいな色のラム肉です
旦那さまがうなりながら食べていました(笑)
ラビオリにもミンチのラム肉が入っていました。
もう一皿あったのですが、写真を撮るのをわすれてしまいました。


デザートです

DSC00404.jpg DSC00408.jpg
スペシャリテのデザートということでりんごのスフレをいただきました。
飴細工でできた大きなりんごを割ると、ふわふわのりんごのアイスやキャラメルのムースなどが
食べきれないほどに入っていました。
口にいれるとパチパチと音を立てたのは飴でしょうか?
ユニークなデザートでした
こちらのデザートはとても有名だそうで製菓本にもよく載っているそうです。

DSC00405.jpg DSC00403.jpg
旦那さまのカフェのデザートも飴細工でできたグラスに入っていました。
こちらはシャンピニオンを見立てているそうです。
お味的にはこちらのデザートが好みでした
プチフールも美味しそうで食べたかったのですが、お腹がいっぱいすぎてあきらめました
お持ち帰りさせてもらったらよかったなと後悔です。

DSC00406.jpg DSC00392.jpg
記念日であったことを伝えたら可愛いチョコレートタルトをサービスしてくださいました。
こちらのチョコレートが、今まで食べたことがないねっとりとした大人の味で美味しかったんです

ワインは、メオ・カミュゼ(2003)をいただきました
豪華なお料理にふさわしい美味しいワインでした。


レストランの雰囲気、接客、お料理、すべてが素晴らしくて幸せなひとときになりました
素敵な結婚記念日を過ごさせてくれた旦那さまに感謝です


スポンサーサイト

Hotel Le Meurice

パリ旅行後半は、滞在場所を変えて「ル・ムーリス」に宿泊しました。
チュイリー公園が目のまえにみえるパラスホテルです

チュイリー公園の中にはルーブル美術館やオランジュリー美術館があり、
公園を散歩しながらいくことができました
オペラ界隈なのでお買い物をするにも便利な場所だと思います。

DSC00317.jpg 

          DSC00318.jpg

こちらのホテルはパリに7つあるパラスホテルの中でも、最古だそうです。
歴史を感じるホテルでしたが、きちんと改装されているのできれいでした

お部屋も素敵でした

DSC00322.jpg 
     
          DSC00324.jpg
     
                    DSC00321.jpg

部屋はホテルのカラーでもあるグリーンが基調となっていてシックな雰囲気でした
廊下や階段もすべてグリーン色で統一されていました。
ちなみに写真のテディベアはムーリスのマスコット、ピスタチオくんです

Chez l'Ami Jean

ちょっとご無沙汰していました。
またパリ旅行の続きを綴っていきますね

パリ3日目の夕食は、バスク料理のビストロ「シェ・ラミジャン」へいきました
こちらのビストロは、弟が今1番いってみたいお店ということで予約をしてもらいました。
なんでも、フランス人の友人たちが口を揃えて美味しいといっているとのことで、
期待大でいってきました

私たちが入店したのは7時頃でしたが。10分もしない間にお店のなかはお客さんで
すし詰め状態になっていました

DSC00246.jpg ラミジャン

ボリュームが多いと聞いていたので、コース(前菜+メイン+デザート)を2つと
アラカルトを一品選びました。

DSC00248.jpg DSC00250.jpg
(前菜) あじ                 うさぎ

DSC00257.jpg DSC00255.jpg
(メイン) 仔豚                仔牛

DSC00256.jpg DSC00251.jpg
メインに添えられたポテト       (アラカルト) きのこ

前菜からメインと思うようなボリュームのお料理でした
お肉は一品がげんこつ1つ分はゆうに超えていたような・・・。
お肉にに添えて食べてくださいと出されたマッシュポテトも大きいボウルに
大量にはいっていてびっくりでした。
アラカルトで頼んだきのこも豪快で、きのこ好きの私にはたまりませんでした

写真には無いですが隣の席のカップルが食べきれないからといっておすそわけしてくれた
フォアグラも10人分くらいあるのでは!?と思うほどでした。
さっぱり食べやすいフォアグラでした

DSC00258.jpg DSC00262.jpg
(デザート) お米のミルク煮      りんごのコンポートとアイスクリーム

お米のデザートはこちらのお店の看板メニュみたいです。
ミルクで煮た甘いお米にサワークリームとナッツを混ぜていただくのですが、とても美味でした
りんごのデザートは普通に美味しい感じでした。

席からちょうど調理場がみえるようになっていたのですが、白熱した空気がすごかったです。
活気にあふれた店内が楽しいビストロでした

私たちはお肉系が多かったですが、貝類などもおすすめみたいです

ちなみにコースはランチでもディナーでも37ユーロです。
流行るのも納得のお得感満点のビストロでした

LA MAISON DU CHOCOLAT

ヴェルサイユからパリ市内に戻って、街を散歩していると大好きなラ・メゾン・デュ・ショコラを発見

ちょっと疲れていたのでお店のカフェで休憩しました

DSC00240.jpg
アントゥルメ・デリス
        
         DSC00241.jpg
         アントゥルメ・サルバドール
    
                 DSC00242.jpg
                 キャラメルのエクレア


デリスとエクレアは前から食べてみたかったものです。
デリスはとても口どけのよい、濃厚な大人のガトーでした。
エクレアは本当はカフェが食べたかったのですが、売り切れていたため
こちらをいただきました。
甘さとほろ苦さが絶妙なとっても美味しいエクレアでした
サルバドールはお店の方のおすすめでいただきましたが、
濃厚さの中にフランボワーズの甘酸っぱさがアクセントになって、好みのお味でした



散歩途中、エッフェル塔が見える橋からとった写真です。
セーヌ川にエッフェル塔がパリらしい一枚がとれました

DSC00239.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。