★SATSUKI★DIARY

2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
      

≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

プラハ市内観光

①ストラホフ修道院

プラハ城からさらに坂道を15分ほどのぼっていくと、石造りのストラホフ修道院があります。

DSC05145.jpg

正門です。

こちらの修道院は後に図書室が増設され、今は国立文学博物館となっています

修道院

DSC05146.jpg

修道院のなかは「哲学の間」「神学の間」という2つの部屋にぎっしり本が置かれていました。
13万冊もの本が所蔵されているそうです。

写真をとれなかったのが残念ですが、天井もロココ様式の絵が描かれていてとても豪華でした



②旧市街の天文時計台

旧市街の中央広場に位置する天文時計台は、正午になるとからくり人形が動きだします
このからくり人形が動くのをみに昼前にはたくさんの観光客が集まるそうですが、私たちは動くところはみれませんでした。


DSC05161.jpg

中央広場には大きな教会や、カフェ、ボヘミアングラスのお土産ショップなどがあり、観光客でにぎわっていました。



③ミュシャ美術館

旧市街から少し歩いたところにあるミュシャ美術館にいきました。
ミュシャは、パリやニューヨークで活躍したアールヌーボーを代表するグラフィックデザイナーです。

DSC05197.jpg

ミュシャは星、宝石、花、女性の姿をモチーフに華麗で装飾的な作品を手がけました。
代表的なポスターとして、「ジスモンダ」「椿姫」などがあげられます。

とても美しい女性の姿にうっとりしながら鑑賞しました

DSC05526.jpg

おみやげショップで買ったコースターの一つですが・・・。
この絵が好きでマグネットも購入しました
スポンサーサイト

グランドカフェ・オリエント

旧市街地でお茶をしました

キュピズム建築で有名な黒い聖母の家の2階にある、グランドカフェオリエント。
1階にはキュピズムショップのクビスタがはいっていて、とてもオシャレな小物や陶器が置いてありました。
3階はキュピズム博物館がはいっているそうですが、改装中ではいれませんでした。


カフェ店内もキュピズムがとりいれられています。
若きゴチャールがインテリアを手がけ有名になったそうです。
グリーンで統一された店内の落ち着く雰囲気が気に入りました

DSC05201.jpg

奥にはグランドピアノが置いてありました。


DSC05200.jpg

アップルストゥーデル
ホテルで食べたのとは全く違い、甘くて濃厚な味わいでした。
こちらもとても美味しかったです。


DSC05199.jpg

カプチーノ
ハートがかわいいです。

 
お店からでると、ゴシック様式の立派な塔がありました。

DSC05198.jpg

火薬塔
もともとは城壁の楼閣でしたが、城壁が取り壊された後は火薬庫として使われたそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。