★SATSUKI★DIARY

2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
      

≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

インペリアルトルテ 

コンサートの後、すぐ近くにあるインペリアルホテルのカフェでお茶をしました。


DSC04976.jpg

こちらのカフェで有名なのはインペリアルトルテです。
もちろん、食べました

DSC04964.jpg

見た目も高級感のあるこちらのケーキは何層かになっていて、マジパンがたくさんはいっていました。

日本のケーキにはあまりマジパンがはいったものがないので好き嫌いが分かれるかもしれません。
私は美味しいくいただきました


ちなみに・・・。

こちらのホテル、超豪華ホテルでした。
私たちはお茶をしただけですが・・・

DSC04971.jpg

ロビーの奥の部屋の写真です。

いつか、泊まってみたいものです





スポンサーサイト

楽友協会

ウィーン観光最後の夜は楽友協会にいきました。

楽友協会といえば、毎年ウィーンフィルがニューイヤーコンサートを開催するコンサートホールで有名す。

DSC04962.jpg

こちらの建物は大ホール、小ホール、そして資料館から成り立っています。
今回は大ホールでの演奏会でした。


DSC04955.jpg

大ホールです。
「黄金のホール」といわれているこちらのホールは、世界で最も音響効果がよく、そして美しいといわれています。
内部がすべて木造で、天井も音響効果をよくするために吊られているそうです。
パイプオルガン、天井などホール全体が金箔で施されている豪華なホールでした


DSC04951.jpg

この日はモーツァルトコンサートだったので、演奏家の方々モーツァルトの装いでした

プログラムもみんなが知っている有名な音楽を選んでいる感じでした。


最後はニューイヤーコンサートの定番である「美しき青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」。

「美しき青きドナウ」が流れたときは、隣のおじさまは鼻歌をうたいながら楽しそうに聴いていました。

そして、「ラデツキー行進曲」で指揮者の手拍子の呼びかけで観客みんなで手をたたきながら盛り上がって終了です。


とても美しい音楽を楽しく聴くことができて大満足でした


ウィーンは本当に音楽の都でした。
クラシックが大好きな私にとっては最高の街です。
(カフェもたくさんあるし

また訪れることができたら、音楽をたくさん聴きたいと思います











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。