★SATSUKI★DIARY

2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年01月
ARCHIVE ≫ 2008年01月
      

≪ 前月 |  2008年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ピエールエルメ

青山にあるピエールエルメにいってきました

一階がブティックになっていてマカロンやケーキがショーケースに並べられていますみてるだけで幸せになるほど美味しそうできれいなスイーツがたくさんありました。

せっかくなのでお茶をしようと二階のショコラバーにいきました
私がオーダーしたのは、プレジールショコラというケーキとオリジナルブレンドティーです

DSC01613.jpg


ケーキすごく美味しかったです
いろんなチョコレートと食感のよいスポンジが忘れられないお味でした。

店内もとてもエレガントで、お店の方の対応もフレンチレストランかのように丁寧でした

またいきたいけど遠いなー。
関西くらいにも出店してほしいです。
スポンサーサイト

パークハイアット東京でアフタヌーンティー

バレエをみにいく前に、パークハイアットでお茶をしました

DSC01604.jpg

これが私が頼んだハイティーセット
少し小さめのケーキが4種類もありました


DSC01608.jpg

こちらは弟が頼んだアフタヌーンティーセットです

お値段はともに3500円くらいだったかな?(飲み物込みです)

ワゴンサービスのカナッペの種類もたくさんありました。
紅茶の種類もたくさんありました。特にダージリンはとても香りがよくて美味しかったです

45階で眺めもよく、平日だったこともあってひとも少なく、ゆっくりとアフタヌーンティーを楽しみました

吉田都 「コッペリア」

東京にバレエをみにいってきました。
目的は吉田都さん
弟が熱狂的な吉田都さんのファンで、私も一度みてもたいと思っていたのですが、世界を代表するバレリーナだけになかなか日本での公演がなかったこの頃、バーミンガムロイヤルバレエ団の日本公演でゲスト主演するとのことを知り岡山からはるばるいってきました
1月15日の公演をみにいきました。

題目は「コッペリア」。
簡単にあらすじを説明します。

コッペリアは老博士コッペリウスがつくった自動人形です。
ただ、コッペリウスの家のベランダにおかれているコッペリアを町のひとたちは人形とは誰も知りません。主人公スワニルダの恋人フランツはコッペリアをみて恋してしまいます。
怒ったスワニルダは友人たちとコッペリウスの家に侵入します。

そこでコッペリアが人形であることが判明するのですが、騒いでいるところをコッペリウスに見つかってしまい追い出されます。
そこへさらに侵入してきたフランツを捕まえたコッペリウスはフランツの魂をつかってコッペリアに生命を与えようとします。
コッペリウスが呪文をかけるとコッペリアは踊りだします。
が、それは逃げ遅れたスワニルダがコッペリアになりすまし、自動人形の踊りをしてコッペリウスをからかっていたのです。

最後はコッペリアが人形であることをフランツも知り、二人は仲直りします。
公爵の庭園で開催されたお祭りで、二人は結婚を発表します。
落胆するコッペリウスにも公爵結は金一袋を与え、機嫌をなおしたところで、みんなで祝祭を楽しみ幕は下がります。


スワニルダの愛らしい町娘の役が吉田都さんにぴったりだったと思います
また、見せ場のひとつの人形になりすまして踊っていた場面は見事でした。
ロイヤルバレエでプリンシパルをしていただけはありますね
ほんとに魅了される踊りでした


私はコッペリア自体、はじめてみたのですが、華やかな喜劇なので誰でも楽しんでみれる作品だと思いました

                       DSC01614.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。