★SATSUKI★DIARY

2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ウィーン・ザルツブルグ・プラハ旅行
CATEGORY ≫ ウィーン・ザルツブルグ・プラハ旅行
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

さようなら プラハ!

レストランからでると、夏至と言えどもさすがに暗くなっていました

ヴルタヴァ川沿いからみるカレル橋とプラハ城の景色もとても幻想的で美しかったです。

DSC05179.jpg


こちらはカレル橋から撮った写真

DSC05190.jpg


夜景をみていると、空に花火が放たれ、さらに幸せ気分に・・・


初めて家族でいったヨーロッパ旅行は、とても心に残る楽しい旅になりました。
家族で個人旅行をするのは、はじめ少し不安でしたが、なんとかなるものですね

むしろ、珍道中な旅のおかげで思い出深い旅になったのでよかったです

家族はもちろん、結婚してから旅行にいくことをすすめてくれた旦那様にも感謝の気持ちででいっぱいです


スポンサーサイト

プラハ 「BELLEVEVUE」

旅行最後の夜は、プラハのヴルタヴァ側沿いに位置する高級レストランベルビューにいきました。


DSC05181.jpg

ちょっと、写真がぶれていますが、左の大きな窓側の席だったので、きれいにプラハ城をみることができました。

DSC05172.jpg

席から撮ったプラハ城。
夕暮れ時の窓からの眺めはとても美しかったです。


メニュを紹介します。

DSC05166.jpg

アスパラのムース仕立て
美味しかったです


DSC05167.jpg

牛肉のカルパッチョ?
お肉にとても塩が効いていて私には辛かったです


DSC05168.jpg

白身魚
旅行中に食べたお魚のなかで一番美味しかったです。


DSC05170.jpg

牛肉の煮込み?
ほほ肉だったかな?
とても柔らかいお肉でした。
ソースも美味しかったです


DSC05173.jpg

クレームブリュレと苺シャーベット
クレームブリュレのサイズは日本で食べる二倍くらいありました。
美味しかったので完食しましたが・・・


DSC05171.jpg

チェコワイン(赤)
私には酸っぱかったです。
チェコではワインよりビールがいいみたいです。


プラハの素晴らしい眺めをみながら美味しい食事をすることができ、旅行最後の夜にふさわしい贅沢なときを過ごすことができました







グランドカフェ・オリエント

旧市街地でお茶をしました

キュピズム建築で有名な黒い聖母の家の2階にある、グランドカフェオリエント。
1階にはキュピズムショップのクビスタがはいっていて、とてもオシャレな小物や陶器が置いてありました。
3階はキュピズム博物館がはいっているそうですが、改装中ではいれませんでした。


カフェ店内もキュピズムがとりいれられています。
若きゴチャールがインテリアを手がけ有名になったそうです。
グリーンで統一された店内の落ち着く雰囲気が気に入りました

DSC05201.jpg

奥にはグランドピアノが置いてありました。


DSC05200.jpg

アップルストゥーデル
ホテルで食べたのとは全く違い、甘くて濃厚な味わいでした。
こちらもとても美味しかったです。


DSC05199.jpg

カプチーノ
ハートがかわいいです。

 
お店からでると、ゴシック様式の立派な塔がありました。

DSC05198.jpg

火薬塔
もともとは城壁の楼閣でしたが、城壁が取り壊された後は火薬庫として使われたそうです。

プラハ城

プラハ城は市街から少し離れた小高い丘にありました。

現在の場所に王宮が建設されたのは9世紀で14世紀のカレル4世の時代に現在の姿になりました。

ギネスブックによると、最も古くて大きな城と書かれてあるそうです。


DSC05138.jpg

12時にいったのでちょうど衛兵の交代をみることができました。

DSC05089.jpg



★聖ヴィート大聖堂

正門をくぐって正面にみえるのは聖ヴィート大聖堂。
とても立派なゴシック様式の教会でした

DSC05098.jpg

あまりにも大きくて写真にはおさまりませんでした


祭壇です。

DSC05099.jpg

教会のステンドグラスにはミュシャの作品もありました。



★黄金の小路

プラハ城のみどころの一つとして、かつて召使いたちが住居としていた黄金の小路があります。
召使いが住んだ後には錬金技師が住みました。
ここから黄金の小路といわれるようになりました。

DSC05122.jpg
 
背の低い家が道沿いに並んでいます。

フランツ・カフカも半年ほど住んでいたことがあり、ここで執筆活動をしたそうです

DSC05124.jpg

現在はおみやげ屋さんとしてたくさんの観光客でにぎわっています。
各お店のドアには可愛いリースが飾ってありました。



★旧王宮

旧王宮は12世紀に建てられました。
私たちが訪れたとき、旧王宮の外観は修復工事中でした。

ヴラジスラフホール

DSC05129.jpg

星上アーチが美しいゴシック様式の天井です。

こちらの旧王宮では、ルドルフ2世の弟がプロテスタントの権利を制限したため、ボヘミアのプロテスタント信者が怒り、ハプスブルク家の代官4人を窓から落としたという有名な話があります。
このことがきっかけで30年戦争になったとか。


ホールのバルコニーからの眺めも最高でした

DSC05131.jpg

DSC05132.jpg







アンデルスカフェ

アンデルスホテルのカフェもとてもオシャレでした。

DSC05147.jpg


DSC05149.jpg

夜はバーになるみたいです。


私が頼んだのは・・・。

DSC05150.jpg

カプチーノ
ホットです


DSC05153.jpg

苺のミルフィーユ
パイ生地が甘くてサクサクでした。


弟と母が頼んだスイーツも少し食べました

DSC05151.jpg

アップルシュトゥーデル
アップルパイよりしっとりしています。
ウィーンのカフェでもよくみかけました。
甘さも控えめで美味しかったです。


DSC05152.jpg

苺のケーキ
軽めのチーズケーキでした。


どのケーキも美味しく見た目のオシャレで楽しめました。

しかし、4人でお茶するだけで1万円もとられるとは・・・。
チェコ通貨はユーロを上回る高さでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。